カンジダの再発を防ごう!管理人が実際にやっていた予防方法!

カンジダの再発を防ごう!管理人が実際にやっていた予防方法!

管理人の私はカンジダの再発に悩まされてきました。
せっかく完治したのに、再発で何度もカンジダを繰り返すのはつらいですよね?
私もとってもよくその気持ちが分かります。

カンジダは日常生活のちょっとしたことが再発の予防に繋がります。
ここではカンジダの再発を防ぐために管理人が実際にやっていた予防方法を紹介していきます。

カンジダの予防方法

カンジダは免疫力が低下している時に再発しやすくなっています。
女性の場合は、体調が優れない時や、生理前、生理中などです。
男性の場合も再発のリスクがありますが、女性の方が再発リスクが高くなっています。

また、カンジダは季節によっても再発リスクが高くなってしまうこともあります。
湿気が多くなる、梅雨の時期にはカンジダの発症が多くなっています。

日常生活から行うことができる予防方法を取ることで再発のリスクを軽減させましょう。

食事

免疫力が落ちている時にはカンジダの再発リスクが高くなっています。
特に、糖尿病になってしまうとカンジダを発症しやすくなります。
糖質を避け、栄養バランスの良い食事を心がけて下さい。

また、ココナッツオイル、ガーリック、リンゴ酢、青菜、ジンジャーなどはカンジダの予防に効果があるとされている食べ物です。
抗酸化作用や、カンジダ菌の調整をしてくれる成分が含まれているので、意識して食事に取り入れてみるのも良いです。

清潔な下着

普段から清潔な下着を使用するようにしましょう。
何日も同じ下着を使ってしまったり、何年も使用している下着は不衛生です。
カンジダは温かく湿度の高い環境で繁殖しやすい菌です。
下着によって蒸れてしまうことで湿った環境ができ、不衛生な下着を使うことでさらにカンジダ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

下着は通気性の良い素材を使用しているものを選ぶのがオススメです。
綿素材のものは肌触りも良く通気性が良いです。

入浴後はよく乾かす

入浴後はよく乾かすというのは上記と似た理由となりますが、湿度が高い環境を作らないということです。
入浴後は身体も温まっており、身体も濡れているため、高温多湿のカンジダ菌が繁殖しやすい環境となります。

せっかく入浴で身体が清潔になっても、きちんと乾かさないことで菌が繁殖してしまう原因となります。
入浴後以外にも、プールや海などでの水着や運動後の汗で多湿となることもあるため、できるだけ着替えるなどの対策をして下さい。

おりものシートはまめに交換

おりものシートやナプキンなどはこまめに交換するようにして下さい。
特にナプキンは厚みがあり、湿度が高くなってしまう原因です。
清潔に保ち、多湿を避けるためにもおりものシートやナプキンはこまめに交換して下さい。
特に生理中以外でのナプキンの使用は避けるもしくは、こまめに交換するようにして下さい。

トイレで拭くときは前から

カンジダ菌は膣だけでなく、大腸にも生息しています。
そのため、トイレで尿や便をした場合には、前から後ろに拭くようにして下さい。
後ろから拭いてしまうと、腸内にいるカンジダ菌によって感染してしまう恐れもあります。

カンジダの予防をしていても、自分の身体である腸内菌で感染してしまっては意味がありません。
トイレの中でもカンジダの予防を心がけるようにして下さい。

治療中は性行為はしない

治療中は性行為をしないで下さい。
自分が治療中の場合には、パートナーに移してしまうこともあります。
また、自分がパートナーに移した後、完治してもパートナーが完治していなければまた自分に戻ってきてしまうことがあります。

また、自分がカンジダを発症する前後に性行為をしていた場合は、パートナーも感染している可能性があります。
発症前後で性行為がある場合には、パートナーにも病院での検査を勧めましょう。

まとめ

カンジダは再発のリスクがある病気ですが、再発を予防することもできます。
特に女性の場合には日常生活でできる予防方法もたくさんあります。
体質によっては何度も再発を繰り返してしまう人もいるかもしれませんが、予防を心がけるだけで再発のリスクを軽減することができるかもしれません。
実際に私はここで紹介した予防法をとることで再発を防ぐことができました。

簡単にできることが多いので、ぜひ実践してみて下さい!

TOP