イトリゾールの特徴と管理人が通販で購入していたジェネリックを紹介!

イトリゾールの特徴と管理人が通販で購入していたジェネリックを紹介!

カンジダ症の場合、抗真菌薬を使って治療していきます。
管理人は長年カンジダ症の再発に悩まされてきました。
イトリゾールなどのカンジダ症治療薬を常備しておくことで、その悩みも解消されたのです。
イトリゾールはアメリカで1992年に医療用として承認された抗真菌薬です。ヤンセンファーマ社が開発、販売しており世界中で愛用されています。

同じヤンセンファーマ社からスポラルという製品名で販売されており、通販サイトでも購入することができます。

病院へ行かなくても購入できることから、カンジダ症でお悩みの方から大変人気となっています。
詳細を知りたい方はこちらからご覧ください。

このページではイトリゾールやその有効成分であるイトコナゾールについてご説明します。

イトリゾール(イトラコナゾール)とは

イトリゾールの有効成分はイトラコナゾールです。この成分は上記でも記載した通り、アメリカで1992年に承認、そして現在では全世界で使用されています。
トリアゾール系に分類される、抗真菌薬で、抗真菌活性が強く、幅広い抗真菌スペクトルを持つため、皮膚真菌用などで幅広く活躍しています。

イトリゾールの効果と特徴

イトコラコナゾールはカンジダ症や、水虫など真菌によって発症する症状に対して使用されています。
蛍光治療薬のため、爪白癬など塗り薬では治療することが難しい、表在性皮膚真菌症や、内臓真菌症、尿路真菌症、呼吸器真菌症など様々な真菌症に対して使用されています。

体に吸収されても、酸化や抱合などを受けにくく、安定しています。さらに、代謝物に対しても主成分と同じような活性があります。脂溶性が高く、徐々に放出が行われるので効果が長く続きます。

イトリゾールの副作用

イトコナゾールが含まれている医薬品の副作用についてご説明します。
たまに肝臓に対して副作用が出ることがあります。
重症化など、ひどくなることはまれですが、長い期間服用する場合には定期的に肝機能の検査を受けましょう。
その他にも心臓や腎臓が弱い場合など、うっ血心不全に要注意です。急に体重が増えたり、息苦しさや、てあしのむくみを感じるようになった場合は、病院へ行きましょう。

その他の主な副作用について

胃腸関係(気持ち悪い、違和感、腹痛、下痢、嘔吐)
湿疹、かゆみ
などです。

これらに対しても、重症な場合や、気になる場合、心配な場合、病院へ行くか、専門家に相談するようにしましょう。

イトリゾールの飲み方とよくある失敗

イトリゾールの服用量、方法ですが、症状によって異なります。

成人の場合、深在性真菌症(内臓真菌症)であれば、
イトラコナゾール1日100㎎~200㎎を1回、食後に服用します。

成人の場合、深在性真菌症(皮膚真菌症)であれば、
イトラコナゾール1日100㎎~200㎎を1回、食後に服用します。増量した場合でも、1日200㎎までとなっています。

成人の場合、爪白癖であれば、
イトラコナゾール1日200㎎を2回(計400㎎)を食後に1週間服用してください。その後、3週間は休薬期間となります。このサイクルを3回繰り返します。

成人の場合、表在性皮膚真菌症であれば、
イトラコナゾール1日50㎎~100㎎を2回を食後に服用してください。爪カンジダ症、もしくはカンジダ性爪囲爪炎の場合、1日100㎎を1回食後に服用してください。

以上が飲み方です。年齢や症状に合わせて増減します、

よくある失敗ですが、早く治したいがために、大量に服用する方がいらっしゃいます。
決められた用量よりも、多く服用することで早く治療することはできず、思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性があります。
健康になるための服用が飲み方を失敗することで健康を害してしまう可能性もあります。
必ず決められた用法や、用量で服用しましょう。

併用禁忌・注意

イトコナゾールの併用禁忌は一緒に服用することができない薬です。

降圧剤のカルブロック・レザルタス(アゼルニジン)、バイミカード(ニソルジピン)、セララ(エプレノノン)、ラジレス(アリスキレン)
片頭痛薬のクリアミン(エルゴタミン)、ジヒデルゴット(ジヒドロエルゴタミン)
子宮収縮剤のメテルギン(メチルエルゴメトリン)
睡眠薬のハルシオン(トリアゾラム)、ベルゾムラ(スボレキサンド)
コレステロール低下薬のリポバス(シンバスタチン)
不整脈薬のベプリコール(キニジン・ベプリジル)
勃起不全薬のレビトラ(バルデナフィル)、バイアグラ(シルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)
安定剤のオーラップ(ピモジド)、ロナセン(ブロナンセリン)
肺高血圧症治療薬のアデムパス(リオシグアト)、レバチオ(シルデナフィル)、アドシルカ(タダラフィル)
白血病治療薬のイムブルビカ(イブルチニブ)
C型慢性肝炎治療薬のスンベプラ・ジメンシー(アスナプレビル)、バニヘップ(バニプレビル)
抗血栓薬のプラザキサ(ダビガトラン)、イグザレルト(リバーロキサバン)、ブリリンタ(チカグレロル)

イトコナゾールの併用注意は一緒に服用することに関して注意しなければいけない薬です。
抗凝固薬のワーファリン(ワルファリン)
肝臓病、もしくは腎臓病でコルヒチンを服用してる方
高血圧剤のカルシウム拮抗薬、
認知症治療薬のレミニール(ガランタミン)
免疫抑制薬のサンディミュン・ネオラール(シクロスポリン)、プログラフ(タクロリムス)
抗菌薬のクラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)

この他にも持病や健康状態によって服用できない場合もあります。

まとめ

カンジダ治療薬のイトリゾールの特徴などをご紹介してきました。
同じヤンセンファーマ社が販売している、スポラルは同じ有効成分イトラコナゾールを主成分としているため同じ治療薬です。

スポラルはお薬なびでお求めやすい価格で販売されていますので、気になる場合はチェックしてみましょう。

TOP