フルコナゾールの特徴と通販で購入できるジェネリックを紹介!

フルコナゾールの特徴と通販で購入できるジェネリックを紹介!

有効成分フルコナゾールはカンジダ治療薬の一つで、先発薬にはジフルカンがあります。

カンジダの治療薬には様々なタイプがありますが、ジフルカンは内服薬です。
ジフルカンにはジェネリックも存在します。

ここからはフルコナゾールを含むジフルカンジェネリックについて紹介していきます。

フルコナゾールとは

有効成分フルコナゾールを含む医薬品の先発薬はジフルカンです。
ジフルカンはファイザー社が製造している薬ですが、現在ではジフルカンのジェネリックも数多く存在します。

ジェネリックを選択することで薬代を抑えることができます。
日本国内ではフルコナゾールを含むジェネリックは販売されていませんが、通販を利用して海外の薬を購入することができます。

通販で購入できるジェネリック

通販では様々なジェネリックがあります。
金額や錠数、製薬会社などに違いがあるので、自分に合ったものを選択するようにして下さい。

ここからは、有効成分にフルコナゾールを含むジェネリックを紹介していきます。

フォーカン

フォーカン

フォーカンはシプラ社が製造する、ジフルカンジェネリックです。
有効成分にはフルコナゾール含まれており、150mgと200mgの2種類が販売されています。

150mg
20錠 2,700円
40錠 5,130円
60錠 7,290円
200mg
12錠 2,880円
24錠 5,480円
36錠 7,780円

ゾコン

ゾコン

ゾコンはFDC社が製造する、ジフルカンジェネリックです。
有効成分にはフルコナゾール含まれており、100mgが販売されています。

100mg
40錠 6,300円
80錠 11,340円
120錠 15,120円

フルコナゾールの使い方

フルコナゾールを含む薬を使用する時には服用方法や副作用などを理解しておく必要があります。

間違った服用方法を取ってしまうと、せっかく治療していても効果が弱まってしまい、治療期間が長引いてしまう可能性もあります。
同じ有効成分を含む薬であれば、先発薬でもジェネリックでも使用方法は同じです。
治療を開始する前に一度しっかり薬について確認するようにして下さい。

フルコナゾールの効果と特徴

有効成分フルコナゾールは、アゾール系に属している成分で抗真菌薬です。
皮膚に症状が起こる皮膚真菌症の原因は、エルゴステロールというものですが、このエルゴステロールの働きを阻害します。

フルコナゾールはカンジダ菌を抑える働きがあり、血中でのテストステロンの濃度を低くすることで、カンジダ菌の増殖を防ぎます。
抗真菌薬となるため、カンジダ菌以外の水虫などにも効果があります。

フルコナゾールを含む薬は内服薬となるため、薬の成分が血液によって身体全体に行きわたります。
そのため、身体の奥で感染する、深在性真菌症への効果もあります。

フルコナゾールの副作用

お薬には副作用がありますが、フルコナゾールにも副作用があります。
報告されている副作用は頻度不明となっています

  • 発疹
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 浮腫
  • めまい
  • しゃっくり
  • 脱毛

これらは主な副作用です。

しかし、副作用の中でも重篤な副作用というものが存在します。

  • ショック、アナフィラキシー
  • 薬剤性過敏症症候群
  • 血液障害
  • 急性腎不全
  • 肝障害
  • 意識障害
  • けいれん
  • 高カリウム血症
  • 心室頻脈、QT延長、不整脈
  • 間質性肺炎
  • 偽網膜性大腸炎

これらの症状が現れた場合には直ちに服用をやめて下さい。
適切な処置を行うためにも、病院で医師の診察を受けるようにして下さい。
こちらも頻度不明で起こりますが、万が一上記の症状と思われる症状が現れた場合には、注意して下さい。

フルコナゾールの飲み方とよくある失敗

フルコナゾールをカンジダの治療に使用する場合には、1日1回50mg~100mgを服用して下さい。
食前や食後に服用するなどの決まりはないため、自分のタイミングで水かぬるま湯で服用して下さい。

基本的な目安は4日~7日の服用ですが、症状や検査結果によっては異なります。
目安の期間でカンジダ菌の有無の検査を行い、過程を見るようにして下さい。
自覚症状がなくなってからもカンジダ菌が完全にいなくなったわけではないので、検査によって完治が認められるまでは治療を続けるようにして下さい。

フルコナゾールのよくある失敗としては、完治していないのにも関わらず症状がなくなったからといって飲むのをやめてしまうことで完治までに時間がかかってしまったというものです。
自覚症状がないため、完治したと思ってしまいパートナーと性行為をしたところ、パートナーにも移してしまう可能性もあります。
検査によってカンジダ菌の有無が分かるまでは、性行為を避けるとともに、治療薬の使用を自己判断で決めないようにして下さい。

併用禁忌・注意

フルコナゾールには併用禁忌薬と注意薬があります。
フルコナゾールとの飲み合わせの相性が悪いお薬となるため、注意して下さい。

併用禁忌薬

  • トリアゾラム
    ハルシオンなどが含まれます。
  • エルゴタミン
    クリアミン配合錠が含まれます。
  • ジヒドロエルゴタミン
    ジヒデルゴットなどが含まれます。
  • キニジン
    硫酸キニジンが含まれます。
  • ピモジド
    オーラップが含まれます。
  • アスナプレビル
    スンベプラが含まれます。
  • ダクラタスビル、アスナプレビル、べクラブビル配合錠
    ジメンシー配合錠が含まれます。

これらは基本的には、フルコナゾールと一緒に服用することのできないお薬となります。

併用注意薬

  • ワルファリン
  • フェイトイン
  • イブプロフェン
  • フルルビプロフェン
  • セレコキシブ
  • ロサルタン
  • フルバスタチン
  • アトルバスタチン
  • シンバスタチン
  • カルバマゼピン
  • ミダゾラム
  • エプレレノン
  • メサドン
  • ニフェジピン
  • ビンクリスチン
  • ビンブラスチン
  • エリスロマイシン
  • シクロスポリン
  • リファブチン
  • リトナビル
  • サキナビル
  • オキシコドン
  • フェンタニル
  • リバーロキサバン
  • テオフィリン
  • 経口避妊薬
  • スルホニル尿素系血糖降下薬
  • ナテグリニド
  • トレチノイン
  • ジアゼパム
  • トファシチニブ
  • シクロホスファミド
  • アミトリプチン
  • ノルトリプチン
  • ジドブジン
  • リファンピシン
  • 三酸化ヒ素

フルコナゾールには併用注意薬がとても多くなっています。
併用注意薬の場合は、できるだけ併用を避けて下さい。
どうしても相互に薬を飲まなければならない理由がある場合には、医師に相談して下さい。

使い方につきましてはこちらの記事を参考にしています。
医療用医薬品 : ジフルカン

ジェネリックでお得に治療

フルコナゾールは内服薬となり、素早く患部へと薬が行きわたります。
また、ジェネリックのフォーカンを使用することでよりコストを抑えて治療薬が購入できます。
再発を繰り返している方は治療薬代を抑えることができます。

お薬なびではフォーカンが低価格で販売されています。
ジェネリックだからといってフルコナゾールの効果が薄れているわけでもありません。
用法用量を守って使用することでフルコナゾールと同じ効果が得られます。

TOP