カンジダの治療薬はネットで安く購入!

カンジダ治療薬の種類 

カンジダは性病というイメージを持ってる方多いかもしれませんが、健康な女性であっても実は持っている常在菌です。
当サイトの管理人である私自身も何回もカンジダで悩まされてきました。

発症する部分が発症する部分なだけに、病院へ行くのも、人へ相談するのも抵抗があると思います。
病院や他人に相談するのが嫌なのであれば、とっておきの方法があります。
それはカンジダの薬を通販で買うという方法です!!

当サイトではカンジダ症でお悩みの方に、ネット通販で安く買えるカンジダ症の治療薬についてご紹介していきます。

カンジダ治療薬の種類

カンジダ症の治療薬は一種類ではなく、何種類も販売されています。
カンジダ症の治療期間はその症状や治療薬によって異なりますが、最短で1週間で治療することができます。
通常であれば2週間ほど、中には何か月も治療に時間がかかってしまうこともあります。

その中でも、主に使われているカンジダ症の治療薬をご紹介します。

ジフルカン

ジフルカン

有効成分フルコナゾール

ジフルカンの有効成分は、フルコナゾールです。
日本でも有名なファイザー社が先発薬であるジフルカンを販売しています。
アゾール系の抗真菌薬で、カンジダ属、クリプトカッコス属などによっておこる、真菌髄膜炎、尿路真菌症、真菌血症、消火器・呼吸器真菌症などに効果があります。
妊娠中、もしくは妊娠してる可能性のある方は使用することができません。

 

通販できるジェネリック

ジフルカンのジェネリックは通販で買うことができます。
同じ有効成分フルコナゾールを主成分としているため、効能や効果、副作用まで全て同じです。

先発薬とジェネリックが違う部分は、その値段です。
ジェネリックは先発薬を元に開発されているのでその分、開発コストが比べてかなり少ないのです。
そのため、ジェネリック医薬品は先発薬に比べ安価な値段で販売されています。
この項目ではジフルカンの通販で購入できるジェネリックをご紹介します。

フォーカン

フォーカン 

フォーカンはインドの製薬会社、シプラ社が販売しているジフルカンのジェネリック医薬品です。
シプラ社はインドのムンバイに本社があり、1937年に創業している歴史の古い製薬会社です。
インドの中でも最大規模の製薬会社で、フォーカンは安心して使用することができます。

通販サイト
1錠(150㎎) 121円~
1錠(200㎎) 216円~

上記の値段で販売されています。

ゾコン

ゾコン   

ゾコンはFDC社が開発、販売しているジフルカンのジェネリック医薬品です。
ジフルカンと同じ有効成分フルコナゾールを主成分としているので、カンジダの治療薬として活用されています。

通販サイト
1錠(100㎎) 126円~

上記の値段で販売されています。

二ゾラル

ニゾラルクリーム 

有効成分ケトコナゾール

ニゾラルの有効成分ケトコナゾールを主成分としています。
アゾール系の中でも、イミダゾール系の抗真菌薬で、真菌を殺菌してくれる効果があり、カンジダ症にピッタリの有効成分です。
副作用も比べて少なく、刺激もないことからカンジダ症だけでなく、水虫、癜風、いんきんたむし、ぜにたむしなどの治療にも使われています。

ケトコナゾールを有効成分とした外用タイプの商品には、ローションタイプ、スプレータイプ、クリームタイプの3種類があり症状によって使い分けられています。

 

通販で購入できる薬

通販で購入できる、同じ有効成分の治療薬をご紹介します。

ニゾラルクリーム

ニゾラルクリーム   

ニゾラルクリームは、アメリカのニュージャージ州に本社を置いてる大手製薬会社ジョンソンアンドジョンソン社が開発、販売しているカンジダの治療薬です。
その名の通りクリームタイプの治療薬で、直接幹部に塗ることで治療することができます。
ニゾラルラルクリームは日本でも処方されており、ニゾラルのクリームタイプとしては第一選択として扱われています。

通販サイト
1本(15g) 1215円~
1本(30g) 2025円~

上記の値段で販売されています。

ケトクリーム

ケトクリーム    

ケトクリームはインドの製薬会社Med Manor Organics Pvt Ltdが開発、販売しているカンジダの治療薬です。
ケトクリームもクリームタイプの治療薬で、直接幹部に塗り治療します。

通販サイト
1本(15g) 1755円~
1本(30g) 3159円~

上記の値段で販売されています。

ニナゾール

ニナゾール    

ニナゾールは製薬会社のT.O.PHARMA社が開発、販売している錠剤タイプのカンジダ治療薬です。
外用薬だけでなく、ニナゾールのような錠剤タイプも一緒に服用すると、より早い治療を行うことができます。

通販サイト
1錠(200㎎) 54円~

上記の値段で販売されています。

ニゾラール

ニゾラール    

ニゾラールはインドのアフマダーバードに本社がある、製薬会社インタスファーマ社が開発、販売しているカンジダ治療薬です。
ニゾラールは錠剤タイプで、外用タイプと併用することでより早い治療をすることができます。

通販サイト
1錠(200㎎) 148円~

上記値段で販売されています。

エンぺシド

エンぺシド

有効成分クロトリマゾール

エンペシドは有効成分クロトリマゾールを主成分としています。
クロトリマゾールは、真菌を殺菌することができる成分で、カンジダ症以外にも、水虫やいんきんたむしなどの菌が原因で起こる症状を治療することができます。
アゾール系ですが、その中でもイミダゾール系に分類されており、抗真菌活性が強く、幅広い抗真菌スペクトルを持っているため、カンジダ症の治療には大変有効です。
用法、用量を守りきちんと治療することでカンジダ症を治療することができます。

 

通販で購入できる薬

エンペシドと同じく、クロトリマゾールを有効成分としたお薬の中で、通販で購入できるものをご紹介します。

カネステンクリーム

カネステンクリーム     

カネステンクリームはアメリカに本社がある大手製薬会社ファイザー社が、開発、販売しているエンペシドと同一成分クロトリマゾールを主成分とした抗真菌薬です。
クリームタイプのため、直接幹部に塗ることができます。
カンジダ症の他にも、水虫、いんきんたむしの治療にも使われています。

通販サイト
1本(15g) 1215円~
1本(30g) 1700円~

上記の値段で販売されています。

クロトリマゾールローション

クロトリマゾールローション     

クロトリマゾールローションはインドの製薬会社グレンマーク社が開発、販売しているローションタイプのカンジダ症治療薬です。
ローションタイプですので、直接幹部に塗ることで治療をしていきます。
大量に塗れば早く治療できるわけではなく、決められた用量、用法を守ることで確実に治療することができます。

通販サイト
1本(30㎎) 2160円~

上記の値段で販売されています。

ラミシール

ラミシール

有効成分テルビナフィン

ラミシールは、有効成分テルビナフィンを主成分とした抗真菌薬です。
アリルアミン系の抗真菌薬で、強い抗真菌性と抗真菌スペクトルが特徴で、カンジダ症などの治療に多く使われています。
吸収されたテルビナフィンは真菌細胞膜を破壊し、低濃度でも強い抗真菌作用を示すことができます。
錠剤タイプの他に、外用薬のクリームタイプ、スプレータイプ、ローションタイプもあり症状によって使い分けられています。

 

通販で購入できる薬

有効成分テルビナフィンを主成分とした薬の中で、通販で購入することができるものをご紹介します。

テルビシルクリーム

テルビシルクリーム     

テルビシルクリームは、サンタファーマ社が開発販売しているクリームタイプのカンジダ治療薬です。
日本でラミシールクリームは処方されており、テルビシクリームはそのジェネリック医薬品になります。
クリームタイプですので、患部に直接塗ります。

通販サイト
1本(30g) 1583円~

上記の値段で販売されています。

テルビシルスプレー

テルビシルスプレー   

テルビシルスプレーは、サンタファーマ社が販売しているスプレータイプのカンジダ治療薬です。
スプレータイプですので手を汚さずに使用することができます。

通販サイト
1本(30ml) 1583円~

上記の値段で販売されています。

イトリゾール

スポラル

有効成分イトラコナゾール

イトリゾールは有効成分イトラコナゾールを主成分としたカンジダ症の治療薬です。
イトラコナゾールは、真菌の細胞である、エルゴステロールを主成分とした植物性細胞膜を持っており、このエルゴステロールの生合成阻害することで、真菌が育つのを防いだり、抑えることができます。

安全性が比較的高いことから、病院で処方されることが多く、カンジダ症だけでなく水虫の治療薬としても活躍しています。

 

通販で購入できる薬

イトラコナゾールを主成分とした、通販で購入できる治療薬をご紹介していきます。

スポラル

スポラル    

スポラルはヤンセンファーア社が開発、販売しているイトラコナゾールを主成分とした錠剤タイプの治療薬です。
ヤンセンファーマ社はジョンソンアンドジョンソンの医薬品を開発している会社です。
日本ではイトラコナゾール50㎎が処方されていますが、通販サイトでは100㎎も販売されています。

通販サイト
1錠(100㎎) 200円~販売されています。

ルリコンクリーム

ルリコンクリーム

有効成分ルリコナゾール

ルリコンクリームの有効成分はルリコナゾールです。
ルリコナゾールは軟膏タイプ、クリーム、液状タイプがあります。
寄生性皮膚疾患用剤の抗真菌薬で、その中でもイミダゾール系に分類されています。

真菌はカビの仲間で、カンジダ症や水虫は菌が原因で症状が出ます。
ルリコナゾールは強い真菌活性がある水虫やカンジダ症の菌に対して、殺菌的に働きかけてくれます。

 

通販で購入できる薬

ルリコンクリームの主成分ルリコナゾールが含まれている薬で通販で購入できるものをご紹介します。

ルリコナゾールクリーム

ルリコナゾールクリーム     

ルリコナゾールクリームはルリコナゾールを主成分としたカンジダ症の治療に使われるクリームです。
Healing Pharma社が、開発、販売していますが、日本では未承認のため通販でしか購入することはできません。

通販サイト
1本(10g) 1540円~
1本(30g) 2160円~

以上の値段で販売されています。

カンジダ症の薬を入手する方法

上記では、カンジダ症の治療薬をご紹介しましたが、入手する方法は病院へ行くか、薬局やドラッグストアで購入、そして通販での購入と3種類あります。

自分に合ったカンジダ症の薬を入手する方法で入手することができます。

病院やクリニックで処方してもらう

まず、私カンジダ症かもしれないと思った場合、病院やクリニックへ行くことを一番にオススメします。
しかし、中々病院へ行かず放置してしまう方もいるようです。
病院やクリニックで処方してもらう場合のメリットやデメリットをご紹介します。

病院で処方してもらうメリット

病院やクリニックで処方してもらう場合のメリットですが、
病院は医師による診断で処方されますので、確実にカンジダ症を治療することができます。

不安なことも相談することができ、安心して治療することができます。

病院で処方してもらうデメリット

病院やクリニックで処方してもらう場合のデメリットですが、まず診察の際、患部を見せなければいけません。
カンジダ症の症状は性器周辺にできますので、患部を見せる際に股を開かなければいけないのです。

私自身、初めての診察でここで股を開かなければいけないのかと驚愕した覚えがあります。
そして、男性の医師だったので、かなり恥ずかしい思いをしました。

狭い町では、高校生が婦人科に通うだけで、何かよからぬ噂を立てられるようになります。
病院へ行くことに抵抗がある方には、このようなことが原因の場合も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアで購入する

カンジダ症の治療薬は中にはドラッグストアで販売されているものもあります。
近所のドラッグストアで購入できるのであれば大変便利ですね。
では、カンジダ症の治療薬をドラッグストアでの購入に関して、メリット、デメリットをご紹介します。

ドラッグストアで購入するメリット

まずメリットですが、思い立ったらすぐ購入できるということです。
近所に大きいドラッグストアでもあれば、常駐の薬剤師さんに聞くことでお目当ての薬を購入することができます。
ただ、土日など店舗によっては薬剤師さんがいない場合もあるので、その点は確認しておきましょう。
ドラッグストアはポイント制のところも多く、お得に購入することもできます。

ドラッグストアで購入するデメリット

ドラッグストアのメリットですが、まず、処方箋薬は購入することができないということです。
医師の処方が必要な場合、ドラッグストアでは購入することはできませんので薬剤師さんに伺っても出てきません。
何でもそろっているようですが、ドラッグストアでは買えない医薬品もあるということも覚えておきましょう。

処方箋薬局が併設されている場合でも、処方箋薬は医師の処方がないと購入することはできません
そして、もしお求めのカンジダ症治療薬が薬局にあった場合でも、誰かに知られてしまうのが恥ずかしいという方も中にはおります。
私自身スタッフの方に伺ったり、レジに持っていくのに抵抗があり、カンジダ症の治療薬をドラッグストアで購入するには少し抵抗があります。

通販で購入する

通販でカンジダ症の治療薬を購入することができます。
管理人もいつも通販でカンジダ症の治療薬を購入しています。

しかし、メリットだけではなく、デメリットももちろんあります。
通販で購入する場合のメリットやデメリットご紹介していきます。

通販で購入するメリット

まず、通販でカンジダ症の治療薬を購入するメリットですが、一番は誰にも知られず購入できるということです。
パソコンやスマホで家にいながらでもネットで通販することができるので誰にも知られません。
もし家族と一緒に住んでる場合でも、郵便局留めや、別の住所(会社)などにも届けてもらうことができるので、安心して荷物を受け取ることができます。

通販の中には日本では未承認の薬やジェネリック医薬品もたくさんあります。
そのため日本では販売されていないものも購入でき、しかも安い値段で販売されているのでコストパフォーマンス的にも大変メリット性が高いです。
通販は手軽にでき、そして価格も治療薬の種類も自分に合ったものを選ぶことができるので大変便利です。

通販で購入するデメリット

通販でカンジタ症を購入する場合のデメリットですが、やはり自己責任というところが大きいのではないでしょうか。
通販で医薬品を購入することに対して、法律的に全く問題はありません。
しかし、処方されたお薬は医師の判断で処方されているため、保証されています。
そして、自分で通販で購入した薬に対しては保証されていません
そのため医薬品を通販で購入するのにはすべて自己責任となるのです。

病院やクリニック、ドラッグストアなどの場合、近くにあればすぐに購入することができます。
もちろん忙しくて行くことができないという方は、また違う話ですが。
買いに行けばすぐ手に入るということです。
通販でカンジダ症の治療薬を購入した場合、海外からの発送となるので注文してから手元に届くまでに時間がかかってしまいます

発送国によって異なりますが、大体1週間から2週間程度時間を見ておきましょう。
通販で購入する場合は、余裕をもってストックしておくことがベストです。

通販の注意点

通販でカンジダ症の治療薬を購入した場合、注意しなければいけないことがあります。
それは、中には偽物を販売しているサイトもあるという衝撃な事実です。
海外では偽物ブランドなど多く流通しています。
医薬品も残念ながら偽物も出回っているのです。
錠剤などは口に入れるので、健康問題にも関わってきてしまいます。

そのため安心して購入できるサイトから、カンジダ症の治療薬を購入することをオススメします。

安心して購入できるサイト

安心して購入できるサイト

 

当サイトの管理人である私が、実際に使っているサイトは「お薬なび」です。
このサイトは日本の医薬品に関する法律に基づいたサイト運営をしているためかなり信頼できます。
そして正規品ときちんと記載されていますので、偽物か不安になる必要もありません。

お薬なびは電話注文もできるので、ネットでの購入が不安という方にもオススメできるサイトです。
私がなぜお薬なびんにたどり着いたかというと、他のサイトで紹介されていたからです。
リピーターも多く使っている人もたくさんいそうなサイトでしたので、安心して利用できています。

条件をチェック

通販サイトを利用する際には、安心できるサイトの条件をチェックするようにして下さい。

  • 運営歴が長い
  • 会社情報が明確
  • 電話対応がある
  • 商品の詳細が明確
  • 口コミの有無

これらの条件が整っているサイトは安心して利用できるサイトと言えます。

上記でも軽く説明しましたが、お薬なびはこれらの条件をクリアしているサイトと言えます。

 

お得に購入

通販で購入することで病院での処方よりも金額を抑えて治療することができるカンジダですが、更にお得に薬を購入する方法があります。

管理人も利用しているお薬なびでは初回クーポンがあります。
初めてお薬なびを利用する人が適応されるクーポンで、クーポンコードを記入することで会計から500円オフになるというものです。

クーポンコード:Syokai500

↑こちらを記入するだけです。
しかし、初回限定でしか適応されないため、注意して下さい。

お薬なびで初回クーポンを利用してしまったよ、という人にはメルマガクーポンがあります。
一度お薬なびでネット注文を行うと、不定期でメルマガが配信されてきます。

このメルマガには商品の情報だけでなく、お得なクーポンがついている時があります。
このタイミングで購入することで、更にお得に購入することができます。

管理人プロフィール

管理人プロフィール

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
とても今更感は満載ですが、当サイトの管理人である私のプロフィールをご紹介します。

経歴

まず私は現在普段は会社に勤めているOLです。OLといういい方はもう古いかもしれませんが私は使っていきます。
昔、某ファミレス(〇ニーズ)でバイトしていた時、レジに立つ女性のことをDL(〇ニーズレディー)と言ってました。
そんなことはどうでもいいですね。

私が初めてカンジダ症になったのは高校生の時です。
そしてまだバージンだったのですが、カンジダ症になり病院で男の人に初めてオマタを開きました。
この時親はよく分かってなくて私がセックスでうつされたと思っていたそうで、めちゃくちゃ怒られました。
それ以来、親には何も相談したくないなと思いました。

今でもストレスや疲れがたまるとカンジダ症が発症してしまいます。
そして過去にはカンジダ症が原因で浮気していると思われ、彼氏に振られたことも…
どうしてみんなわかってくれないのでしょうか??

そのため今の彼氏にもカンジダ症のことも、このサイトのことも内緒にしています。

サイトオープンに至った経緯

では、なぜ私がこのサイトをオープンさせたのかですが、同じように悩んでいる方に通販でもカンジダ症の治療薬は購入できるということを教えたくてオープンさせました。

親や、周りの友達、そしてパートナーでさえ中々理解してくれません。
同じ病気で悩んでいる人たちであれば、この気持ちは理解できることでしょう。
少しでもこの思いが伝わるといいなと思います。

このサイトで伝えたいこと

このサイトではカンジダ症の治療薬が通販で購入できるということはもちろん、カンジダ症の治療を早めにした方がいいということを伝えたいです。

カンジダ症は女性の5人に1人は経験したことがある病気です。
これだけ多くの人が悩んでいても、理解されることが少ない病気です。
誰でもなる可能性があるカンジダ症だからこそ、多くの人に治療薬について知っておいて欲しいです。

TOP